Q&A

Q&A

よくあるご質問

Q 収集運搬の許可はどこを所有してますか?
産 廃
A 弊社ではほぼ全国の許可を所有しています。詳しくはこちらを御覧ください。
Q 特別産業廃棄物に分類される汚泥ですが、運搬してもらえますか?
産 廃
A 運搬致します!弊社では特別管理産業廃棄物の収集運搬許可も取得しております。詳しい情報はこちらを御覧ください。
Q 現場から発生した汚染土壌や建設汚泥があります。
どこで処分したら良いのかわかりません、どうしたら良いですか?
産 廃汚染土壌
A お任せください、弊社では多種多様な排出物に対応できる幅広いネットワークを持っているので、運搬から処分場所など、様々なケースをご提案できます。
Q ポリタンクの処理は出来ますか?
産 廃
A はい、出来ます。弊社の飛島工場にてポリタンク、PP(ポリプロピレン)製、PE(ポリプロエチレン)製などの容器処理(破砕有価売却)が可能でございます。また、弊社以外の処分場のご提案も可能ですのでご相談ください。
Q PCBの引取をしてもらえますか?
産 廃
A 弊社のグループ会社にティーエムハンズと言う会社がございますので、そちらでPCBの処理手配が出来ます。
Q 汚染土壌処理工事の場合、写真撮影等の管理業務、行政への申請業務
も対応できますか?
汚染土壌その他
A 書類の準備や、行政訪問への同行などのお手伝いが出来ます。
Q 汚染されていない汚泥は引き取ってもらえますか?
産 廃
A お引取り致します!ご相談ください。
Q 電子マニフェスト、電子契約に対応していますか?
産 廃その他
A 弊社では、JW-NET、イーリバース、er-contractなどに対応しております。
Q 運搬車両は自社で手配できるので、処分場の選定だけお願いすることは出来ますか?
産 廃汚染土壌
A もちろん大丈夫です!持ち込みでの相談も対応が可能です。
Q 廃棄物をなんとか処分、リサイクルしたいのですが?
産 廃
A サンプル、成分値等を教えていただければ弊社で様々なご提案をさせていただきます!
Q 分析機器やOA機器、オフィス用品等の産業廃棄物も引き取ってもらえますか?
その他
A 申し訳ありません、弊社では土壌を中心とした建設廃棄物しか取り扱っておりません。
Q 異物混じりの埋設廃棄物は、篩分けしなくてはいけませんか?
産 廃汚染土壌
A 大丈夫です、ゴミごと土壌を引取る事も可能です。弊社は東京都夢の島案件での実績があります。
Q ダイオキシン混じりの土壌も引き取ってもらえますか?
汚染土壌
A 分析数値によって引き取りのご提案が出来ます。
Q セメント工場などで引き取ってもらえなかった塩素の高い土壌は引き取ってもらえますか?
汚染土壌
A 沿岸地域や焼却灰混じりの汚染土壌など、塩素の高い土壌も、引き取りのご提案が出来ます。
Q 水銀やVOCの搬入時、
荷姿のフレキシブルコンテナの手間や費用を抑えたいのですが...
産 廃汚染土壌
A 弊社では特注の電動天蓋車を保有しており、放射性廃棄物処理に関するガイドラインに記載されている収集運搬基準を遵守しておりますので、飛散・流出を防止し、合わせて安全性と作業効率を高めることが出来、フレコン費用、詰込費用、破袋費用などを削減することが出来ます。
Q 汚染土壌処理を運搬する場合、許可は必要ですか?
汚染土壌
A 汚染土壌の場合は運搬する業者の運搬業許可は必要ありません。産業廃棄物の場合は、産業廃棄物運搬許可が必要となります。
Q 汚染土壌を搬入する場合、建設廃棄物と同様に収集運搬の契約書を結ぶ必要はありますか?
汚染土壌
A 委託契約書の締結は法律では義務付けられておりません。ですが、必要に応じて委託契約書を締結することも可能です。
Q 有害物質を含んだ建設汚泥の引き取りはできますか?
産 廃汚染土壌
A はい、可能です!ご相談ください。
Q 分析証明書は必要でしょうか?
産 廃汚染土壌
A 必要となります。有害物質には様々な種類があり、それによってご提案する処分場などが変わりますので、分析証明書はご用意ください。弊社のグループ会社に、シグマジオテックと言う環境分析調査を行っている会社がございますのでそちらを紹介することも可能です。