会社概要

旧処分場跡地や河川敷の再開発により、過去に埋設された廃棄物を掘起し、処理を行うケースが増えております。
地中埋設の混合廃棄物は、土砂分を多く含んでおり、建設系中間処理施設での処理は非常に難しく、これまでは直接管理型処分場に搬入し埋め立て処分を行っておりました。
このような埋設廃棄物は、現場に選別機を設置し粒度・品目ごとに選別することで、リサイクルを主体とした処理を行うことが出来、トータル処理コストを圧縮することが可能となります。
現場に設置する移動式の選別機として、以下の機種を取り揃えております。

原位置選別機械

BM545S[振動スクリーン]

オーバー品、アンダー品の2種類に選別する機械で、メッシュは40mm、100mmが標準となります。

BM798F[2筒式トロンメル]

20mmアンダー、20mm~100mm、100mmオーバーの3種類に選別する機械です。

BM883F-2[2段フィンガースクリーン]

20mmアンダー、20mm~100mm、100mmオーバーの3種類に選別する機械で、篩目はフィンガースクリーンタイプですので、目詰まりしにくい構造となっております。

原位置選別作業の例